いわき稲門会会長に石黒征三氏

平成22年度早稲田大学校友会いわき稲門会総会
本年度は、役員改選が行われた。杉田和夫会長の後、新会長には石黒征三氏が、新副会長に織内かほる氏、新幹事長に鷺弘樹氏が就任した。監事の郡司義雄氏が退任し新監事に木村清氏、杉田和夫前会長と吉成史子前副会長は顧問。金成政道前幹事長と松崎浩前副幹事長は相談役幹事に就いた。新幹事として、那須道人氏・渡部勢津子氏・長野隆人氏・鍛冶大輔氏・佐藤勝己氏の5名が選任された。

2010-iwaki-ishigurokaityo

今年度新規事業案として、地域の人材育成に寄与することを目的に、五輪二大会銀メダリストの太田章早稲田大学准教授の講演会の企画案を採択した。新入会員では、佐々木宏損保ジャパンいわき社長、清水孝雄小名浜カントリー倶楽部支配人、丹治福島民報社の3人が加わった。二次会は、おでんの「一平」で新会長石黒征三氏を囲んで

Comments are closed.